住み替えちょっと待った!リフォームで愛着ある家に蘇らせます

リフォームで元の状態に戻す

リフォーム(reform)とは、「悪い状態を改良する」ということを意味します。物は何でも時を経ると古くなり状態が悪化します。建物においては、老朽化が進み壊れたり、汚れたりといった状態になると、そこに住む人によい影響を及ぼさない事柄が出てきます。しかし、部分的に老朽化していたり、できるだけここで住み続けたいという思いがあったり、費用のことなどを考えた際も、その部分だけ直して使っていくことがよい場合があります。そういう時に、リフォームが適切ではないかと思います。古くなっていたんだものを新しい元の状態のように戻すことができるからです。外壁塗装などがリフォームではよくみられます。
外壁は風雨から家を守る役割を担ってくれますが、年月が経つといたむのは仕方のないことです。塗装がはがれたり、ヒビが入るなどの個所が見られるようになると、リフォームを考える頃だと思います。業者を選ぶ際は、塗装の色や質、塗装箇所、塗装後の保証期間、そして費用の面などを考慮し数か所見積もりを取ってみます。どのようにして欲しいかというこちらの意向をきちんと汲み取ってくれて、適切なアドバイスもしてれるところが良いと思います。愛着のある家とできるだけ長く一緒に過ごすためにも、丁寧に仕上げてくれるところにお願いするのが一番です。

リフォームを行うメリットについて

どんな素敵な家でも長年住んでいると、どうしても内装がいたんでくるものです、 そういう時に効果覿面なのがリフォームです。 そのリフォームを行うメリットについて、ご紹介させて頂きます。 リフォームを行う最大のメリットは、痛んだ内装や外装を安い費用で一新できることです。 柱とか家の土台とかそういったものは月日がたってもそう痛みはしませんが、塗装などの部分は数年でけっこう痛んでしまうものです。 そういった部分を、新築当時のように綺麗な内装に変える事が出来ます。 他にもリフォームにはメリットがあります。
それは、リフォーム工事は短期間、部分的な工事で住むので、家に住んだまま行うことができるところです。 (ただし、家の土台や構造を補強したりするフルリフォームはその限りではありません) 手軽に、安く工事を行える点が、リフォーム工事のよいところなのです。 それ以外にも、家の立替工事などと違い、ここを変えるかわりにここは変えないという風に、融通や小回りの効いた工事が出来る点もリフォーム工事の魅力です。 リフォームは基本的に部分的なものなので、(家全体をリフォームする大規模なものももちろんあります)施工主の要望を細かく反映する事が出来ます。 その辺の利便性も、リフォームの魅力なのです。

リフォーム前に確認すべき事

わたしは岡崎市に中古マンションを購入して室内全てをリフォームしました。築30年ほど経っているマンションだったので、もともとのマンションの作りは古くさいという印象でした。リフォームをする際に大切なことは人それぞれだと思いますが、わたしがリフォームする時に大切だったのは、デザインと予算でした。購入した後に気がついたのですが、マンションにはリフォームの規定がありました。騒音防止のため、マンション側が指定した素材の床材を使用することでした。当初予定していた床材は、とても理想の色味だったのですが、条件を満たしていなく使えなくなってしまったのです。条件を満たしている床材で探すことになりましが、選べる模様や色がかなり限られており、予定していた色味のものがありませんでした。他の会社から探すことも考えてましたが、予算の都合上断念せざる終えませんでした。その結果、あたたかみのある色合いの木製の床材から真っ白の木製の床材に変更することになりました。それにより、キッチンの色から壁の色まで全て予定を変更することになってしまいました。
リフォーム後は気に入る仕上がりにはなったので大満足していますが、購入する前に事前に確認しておけば良かったと思いました。

イチオシ

ガラステーブルのある部屋

祖母のためのトイレリフォーム

我が家は、71歳の祖母と、私と主人、19歳の娘の四人ぐらしです。築38年の我が家は、祖母が祖父と暮らしてきた、思い出がたくさん詰まった家。できるだけ、長く快適に暮らして欲しいと、私たち家族も、祖母自身も考えています。そこで懸案になるのが、老朽化した我が家のリフォーム。まず初めに、トイレから手を付けるこ…

詳細を読む
ダイニング

お風呂リフォーム体験談

憩いの我が家。特にお風呂でホッと一息つける瞬間は最高です。しかしながら、築30年の我が家はお風呂に不満一杯。そこで、お風呂のリフォームに昨年踏み切ったわけです。今回は、我が家のお風呂リフォーム体験談をまとめて紹介したいと思います。まず、我が家のお風呂で不満に思っていた所は、浴室出入り口の段差、浴室内の…

詳細を読む

ピックアップ

広いリビング

やって良かった我が家のリフォーム

築30年の我が家を昨年リフォームした体験談を聞いてください。我が家の場合、トイレと家の外壁をリフォームしました。特に老朽化というか、見た目や使い勝手が悪かったことが、この二つのリフォームを優先した理由です。まずはトイレですが、出入り口の段差の解消、便器の交換(ウォシュレットにしました)、手すりの設置の…

詳細を読む
一軒家

我が家のリフォーム大成功

我が家への愛着、住み替えや建て直しなどが考えられても、愛着を優先してリフォームをすることに我が家はしました。実際にリフォームを施したのは、浴室と外壁になります。まず浴室には、次のような不満を感じていました。浴槽が小さい、換気が十分にできない、浴室内が温まらない時がある、浴室出入り口の段差がその例です。…

詳細を読む

コンテンツ一覧